初めて転職サイトを利用したのは26歳の頃でした。それまで、インターネットやCM、また雑誌の広告等では、様々なサイトを知っていたが、田舎に住んでいた私には無縁でした。
北海道のど田舎から、札幌へ移住することを決め、就職活動を始めました。キーワードを入れないと、大量の求人があり、また、初めてだったので、地元のハローワークなどの求人よりも、何故か信用できず…電話で問い合わせを何度も行いました。住んでいるところから、札幌は離れていたので、気軽に面接にも行けないと思っていたので、候補を2・3個上げて面接に行こうと決めていたが、なかなか思うような求人もなく、1つだけ決め、面接に行った。

 

 

連絡手段は、転職サイト上でのメールのやり取りのみだったので、会場につくまでは、かなり不安もありました。それから、2年勤務し、同じ職種での転職を決め、同じように転職サイトで求人探しを行いました。2年前に比べ、アルバイトやパートを含め、転職サイト自体が多くなっていたように感じました。もちろん、それに伴い、求人数も増えていたのですが、サイト自体が見やすくなっており、探すのは前ほど苦戦しませんでした。ある程度の栄えている地域での転職を考えている人にとっては、このようなサイトがあることは、とてもありがたく感じます。