資格なし、留学経験なし、TOEIC受験経験なし、企業経験なし。大学の成績悪し。学生生活は彼氏と毎日のようにデートをして過ごしていた、何も誇れるものが無い女子大生でした。

 

しかし、第一志望の巨大企業にトップの評価で内々定。こんなこともあるんだなと今なら思えます。流されるように説明会に参加していると、あるひとつのことに気が付いたのです。「みんな、自分を飾っているのではないか?」就職活動は自分を偽ってまで内定を取りにいかなければならないのか。いいえ、そうではありません。内定が取れることはあくまで始まりであって、終わりではないのです。

 

私はあえてありのままの自分の考えをさらけ出すことを心がけるようになりました。すると、個人面接は無敗になっていました(集団面接はボロボロでした)。

 

どの会社でも共通して言われたのは、「誰よりも落ち着いている」ということでした。私は元々アガリ症でしたが、人見知りしないという強みがあり、それが生きたのです。

 

選考が進むうちに、だんだんとコツが分かってきました。それは、いかに仕事に繋がる話を自分の経験と結びつけてできるかということでした。どんなに立派な経験をしていても、その会社で活かすことが出来なければ意味がありません。こうして、トントン拍子に選考は進み、私の就職活動はあっという間に終わりました。安心してください。就職活動に必要なスキルなんて何も無いんです。