わたしは今年短期大学を卒業し、現在ウェブ関係の仕事をしております。もともとなんの目標もなく短期大学に入学しました。大学では出来ないと思っていた友達もでき、アルバイトも決まり、いままでの環境と違ってとても楽しかったです。ですが、将来のことは何一つ考えていませんでした。一回生をただダラダラと過ごし毎日が過ぎていきました。いざ二回生になり、就職活動を本格的に開始する雰囲気のなか、わたしはなにもせず一回生の時と変わらずダラダラと過ごしていました。二回生の中盤ごろに先生から激励をもらいやっと就職活動に専念することに決めました。周りの友達もわたしと同じように、内定が決まっていない子が多かったです。だから刺激をもらえず就職活動を始めるのが遅かったのかなと思います。ですが今わたしが経験した事で言いたいのは、周りに流されず自分の意思をもって就職活動をすることです。やりたいことが見つからないから就職活動をしない、ではなく、まずやれることから始めてみるのがいいかもしれません。わたしの学校の先生も何度も言っていましたが、やりたいことがないから大学卒業してもフリーターなどふらふら毎日を過ごすのではなく、まず在学中に内定をもらい、仕事をしながら好きなことを見つけることだってできますし、転職だって可能です。フリーターや無職から始めるのではなく、とりあえず就職して先の事を考えることもわたしはアリだと考えます。